出版図書・CD-ROM販売

注文と出版図書・CD-ROM案内

 

注文方法

E-mailまたは電話にてご注文をお受けしています。(送付先 住所、氏名、商品名、ライセンス種、冊数などを明記)

代金のお支払方法

商品と請求書の到着後、銀行振込にて、ご入金ください。

 

送料・手数料について

発送に関しては、別途、送料・手数料が、商品の他に加算されます。できるだけ請求書発行日から1ヶ月以内にお支払くださいますようお願い致します。

その他、連絡先

Tel 0467(23)9539

E-mail:matsuokafumio0523@tuba.ocn.ne.jp

ホームページ:http://www.hplavo.jp/

プログラムソフト・CD-ROM紹介

Singleライセンス

ホームユースの個人用

Groupライセンス

数名の研究室または課対応のグループ用

Businessライセンス

キャンパスで使用またはビジネスで活用→相談に応じます。

商品名

発行日

表紙

ライセンス種

Single

Group

Business

C1:GWP冷媒計算ソフト

JARef HFO-1234yf ,HFO-1234ze[E]

JSRAE Thermo dynamic Table Vol.3,4に準拠した冷媒物性値とREFPROP物性値とを参考に、物性相関式66Functionと「冷凍サイクル計算プログラムVer2」に準じた基本サイクル、2段、EPRサイクルソフトを当社独自開発。

動作環境:Windows版―Excel 97以上が必要。

<CD-ROM>

2018年(平成30年)12月発行

54,000

90,000

要相談

A1:冷凍・空調機[冷凍サイクル]の挙動解析(R410A版)

JSRAE発行「 冷凍サイクル計算プログラム ver.2」のR410Aブックと「湿り空気線図プログラムソフト」を1ブックに統合し、その中に当社独自の「冷凍サイクル挙動解析プログラム」をExcel vbaで追記。

動作環境:同上

<CD-ROM>

2016(平成28年)6月発行

冷媒R410Aを含むブックと、湿り空気線図のブック、をJSRAEより購入して統合するため、日本冷凍空調学会正会員の方には、ホームユースとしてのシングルライセンスの割引価格¥54,000

その他の方は定価の¥90,000

A2:冷凍・空調機[冷凍サイクル]の挙動解析(R32版)

JSRAE発行「 冷凍サイクル計算プログラム ver.2」のR32ブックと「湿り空気線図プログラムソフト」を1ブックに統合し、その中に当社独自の「冷凍サイクル挙動解析プログラム」をExcel vbaで追記。

動作環境:同上

<CD-ROM>

2017(平成29年)発行

同上

A3:冷凍・空調機[冷凍サイクル]の挙動解析(R404A版)

JSRAE発行「 冷凍サイクル計算プログラム ver.2」のR404Aブックと「湿り空気線図プログラムソフト」を1ブックに統合し、その中に当社独自の「冷凍サイクル挙動解析プログラム」をExcel vbaで追記。

動作環境:同上

<CD-ROM>

2019(平成31年)発行

同上

B1:冷凍・空調機[冷凍サイクル]の挙動解析(HFO1234yf版)

JSRAE発行「 湿り空気線図プログラムソフト」との当社開発のHFO1234yfブックとを1ブックに統合し、その中に当社独自の「冷凍サイクル挙動解析プログラム」をExcel vbaで追記。

動作環境:同上

<CD-ROM>

2019(平成31)発行

同上

B2:冷凍・空調機[冷凍サイクル]の挙動解析(HFO1234ze[E]版)

JSRAE発行「 湿り空気線図プログラムソフト」との当社開発のHFO1234ze[E]ブックとを1ブックに統合し、その中に当社独自の「冷凍サイクル挙動解析プログラム」をExcel vbaで追記。

動作環境:同上

<CD-ROM>

2019(平成31)発行

同上

取り扱い業務1

鎌倉 荏柄天神社 H28、1/3
鎌倉 荏柄天神社 H28、1/3

業務1.ヒートポンプに関する技術相談(コンサルテイング) 

 

ヒートポンプに関する技術相談に応じます。ハード機器はエアコン、冷蔵庫、ビル用マルチエアコン、給湯機、コンデンシングユニット、大型冷凍機、列車空調まで ご相談ください。要素技術については 圧縮機の容量制御、熱交換器のAK制御、電子膨張弁、センサー等についても 相談に応じます。さらに 要素機器およびシステムにつき空気線図とph線図をベースにした ダイナミックシミュレ-ションの指導もお任せください。

 

 

 

 

取り扱い業務内容2

研究室
研究室

業務2.環境・エネルギーシステム設計 

 

家庭用ハウジングエアコンのシステムから大型のビル用マルチエアコンシステム(特に冷暖同時システム)に至る対人空調システムから対物空調システム設計も取り扱います。大型セントラルシステムと直膨型分散空調システムも含みます。さらに産業用冷熱システムとして 消雪システム、食品乾燥システム、ノンフロストヒートポンプシステム設計(メソポーラスシリカ吸着剤応用)を支援します。

 

 

 

 

お手続きの流れ

業務に関する説明文 

 

1.まづは 業務内容についてご相談を受けます。

2.スケジュールと検討内容のすり合わせをいたします。

3.工程表と費用の検討をしましょう。

4.一歩一歩進めます。